42. 年表更新、遅れます 草市かな子 [URL]  2001/08/02 (木) 00:48
こんばんは、年表編集担当、草市です。
とりいそぎ。

えーと、私事で予定外に忙しくなったため、
更新作業、今週中には行えません。
いつもいつも更新トロいんでいまさらですが……
それでも、まことにもうしわけありません。

huiさんへもレスを返したいけど、ちょっと
落ち着いてお返事返せないのです。すみません。

とりあえず、これだけレス。

>小説ネタの提供をしたいのが正直なとこです。

個人的なことですみませんが、こういう
ご意見を伺えて、とても嬉しいです。
実は、このコンテンツをやっていて、
ひそかに「二次創作を書く方々に、年表が
役に立てばいいなあ」とずっと考えてきたので。

だから、仮説とかもいろいろとりあげたいとおもっとります。
いろいろの大胆な仮説も、のっけられるように。
かつ、年表は年表で、できるだけ正確に。
改装、できるだけ急ぎたいと思います。

うー、急いでるんで、文章がめちゃくちゃだ……
す、すみません〜〈汗〉

追記:のわー、上の文を書き込もうとしたらhuiさんの
   新しいカキコが。
   ……えーと、ノアに関してのレスは、上記の通りで
   遅くなります。ご了承ください。(もうしわけない……)



41. ノアの召喚魔法 hui  2001/08/02 (木) 00:21
ノアですが、オーエンに比べて思い付いた時期が最近なものですから、
それほどたいしたことじゃあないんです。

まず、ノアがレプリトに滞在したことがある、か
何度か訪れることがあったのではないかということです。

理由はバハムートとかを召喚できるようにしたのがノアだろうと思ったからです。
んで同じようにオーディンを召喚できるようにしたと。
もちろんオーディン本人たっての望みで。

つまりはノアがレプリトで召喚魔法の構造とかを習得していったとすれば
召喚魔法化の手法もレプリト流になるわけです。
それで、レプリト出の幻術師もレプリト流に作られたオーブでクラス6以上に
ランクされる魔法を行使できる、というわけです。

バハムルにしてもカタストにしても「封印」の言葉が召喚魔法化させることになる
のかということが問題になりますが、できるってんなら別にノアじゃなくても
やる可能性は出てきますね。。
でもレプリトでの「封印」の話とかダスターの「封じた」詩を聞くと
同時期であることもあるのではないでしょうか?
同時期ならノア以外にできる者はほとんどいないはず‥‥。

あと、ノアはエウレカに入り込んだことがあるのではないか、です。
最深部で売ってる召喚魔法、バハムル、リバイア、カタスト、三つともノアが
エウレカに封印したと考えたわけです。どうでしょ?

ここまでいって気付いてくるかもしれません、
huiの中で一番人気ジョブは魔界幻士です。
(一番初めにやったとき一番かわいいと思った。)



40. Re: huiさん仮説への考察3 hui  2001/07/30 (月) 00:55
huiです。ちょこちょこレス2。

> (攻略本の地図を見ている限りでは、あの配置は綺麗な方形にはならないですが、
> まあそれは些末なことかと思います)

これ来ると思ったんですよ。
やっぱり正確に世界地図上の陣形を組むのはつらいですね。
たよりのサイトロ地図もよく見れば正方形なぞとは程遠い、
ずれ台形にしかならなそうです。

ただ個人的に巨大空間に陣形を組むのが大好きなんです。

>  個人的には、古代文明期にhuiさんの仮説のような歴史があったとしたら……と、
> いろいろ想像が広がります。

huiの仮説はそれを一番主体において、おもしろいキャラを際立たせるように
わざとオーエンを「異常な天才」と決めつけてかかっています。
だから、こんな仮説は短編小説にでも使えれば願ったりで、
正確さ第一の年表に載せようなんざおこがましいんですよね。
ま、そんなネタでも事実っぽいとこがあれば採用してくんないかなー、
という風に考えてます。

>  ふう、ぜえぜえ。
>  一気にいろんなことを考えてだーっと書いてしまったので、
> 頭がパンクしそうです。

huiの長年を一度に受け取ってくれたわけですから。かんしゃかんしゃ。

>  大体、私の書いたことのほとんども、根拠薄弱だし、やっぱりなんだか、
> まとまってませんしねえ。

おもいっきしまとまってますけど。論も整理されてるし。

>  ただ、個人的には、仮説について考えてみるというのは楽しいので、
> こういうのをもっとじゃんじゃんやりたいなあ、という気持ちがあるんですが。

楽しいですよね、とっても。

>  そんなわけで、年表にどうやって組み込むべきかはちょっと迷ってるんですが、
> 「仮説」欄を作ってしまおうかなあ、と思ってます。

huiもそれ考えました。でもやっぱ仮説を仮説としておくより、「推測設定」にして
小説ネタの提供をしたいのが正直なとこです。

>  とにかく、huiさんの説は、なんらかの形で年表に取り込んでいきたい
> と思います。

マジで? ってくらい嬉しいお言葉ですね。

>  ノアとオーディンについての考察も、是非伺いたく存じます。
>  よろしければ、ご意見をお聞かせください。

いいんですね? それでは御覚悟を。ふふ。

>  ……それにしても、自分の文章を読み返したらあんまり分かりにくくて、
> 論も胡乱で、申し訳ないっていうか、もはや恥ずかしいレベルです……
> すみません(汗)

huiとしては分かるんでぜんぜん大丈夫だと思いますが……。



39. Re: huiさん仮説への考察2 hui  2001/07/30 (月) 00:47
huiです。ちょこちょこレス。

> そもそも、浮遊大陸の動力がクリスタルであるということそのものが、
> ほとんど根拠をもたない仮説ですし。

大当たり。(うひゃー)実際大陸上のクリスタルの位置以外にオーエンの塔との
関係は何一つありません。しかも動力変換装置にしては歯車が多すぎるのです、
あの塔は。(大量の歯車は巨大エネルギーの分散装置かなあ?)
実際、燃えてる(=エネルギーを出してる)炉も中核部にあるし。
(しかし、デッシュの服は耐火服なんだろうか?)
とにかく、これでクリスタル動力論は否定できますね。それで同意。
huiのいうそこからの派生部も同時に否定できます。
わざとらしさ大爆発ですからね、あの理由づけも。

>  仮説2番を取る場合には、huiさんの説と矛盾せず両立することも
> 可能なのですが……

という訳で、huiは2番説論者ということで行かせていただきますね。
まだこりてない部分あります。(^ ^;)



38. huiさん仮説への考察3 草市かな子 [URL]  2001/07/29 (日) 09:14
【37番発言の続き】

 ただ、地勢とか、地理学的に、クリスタルがもともとあったはずの位置を想定する、というのはとても面白いです。時の神殿の由来とかも。
 うーん、時の神殿とレプリト南の巨大湖にそういう由来があったとすると、すごく面白いし、あの配置の美しさを見ていると、ひょっとしたら……と思えますし。
(攻略本の地図を見ている限りでは、あの配置は綺麗な方形にはならないですが、まあそれは些末なことかと思います)
 個人的には、古代文明期にhuiさんの仮説のような歴史があったとしたら……と、いろいろ想像が広がります。

 ふう、ぜえぜえ。
 一気にいろんなことを考えてだーっと書いてしまったので、頭がパンクしそうです。
 大体、私の書いたことのほとんども、根拠薄弱だし、やっぱりなんだか、まとまってませんしねえ。
 ただ、個人的には、仮説について考えてみるというのは楽しいので、こういうのをもっとじゃんじゃんやりたいなあ、という気持ちがあるんですが。

 そんなわけで、年表にどうやって組み込むべきかはちょっと迷ってるんですが、「仮説」欄を作ってしまおうかなあ、と思ってます。
 今までも魅力的な仮説がいろいろ出ていたのですが、現状の年表の構造では、それらを十分に取り上げることができなくて、もったいないなあ、とずっと思っていたのです。

 とにかく、huiさんの説は、なんらかの形で年表に取り込んでいきたいと思います。

 ノアとオーディンについての考察も、是非伺いたく存じます。
 よろしければ、ご意見をお聞かせください。

 ……それにしても、自分の文章を読み返したらあんまり分かりにくくて、論も胡乱で、申し訳ないっていうか、もはや恥ずかしいレベルです……すみません(汗)
 年表に組み入れる段階では、もう少しまともに考察しますんで、どうぞお許しを。



37. huiさん仮説への考察2 草市かな子 [URL]  2001/07/29 (日) 09:11
【36番発言の続き】

 さて、この大きな矛盾を解決する仮説として、挙げられるのは三つ。
 1:浮遊大陸には最初はクリスタルが乗っていなかった。
 2:現在の浮遊大陸は、光の氾濫をなんとか無事に耐えしのいだもの。
 3:先に神殿造営期についての議論があったときに出た「古代人が使ったクリスタルの力とは、土のクリスタルの力だけなのではないか」という仮説。

 私としては、3番を推しておきます。

 つまり、FF3のシナリオで展開する「闇の氾濫」にしたって、すべてのクリスタルが関与するわけではなく、まず土のクリスタル一つから始まったことなのですから。
(ただ、ここにも大きな矛盾が一つひそんでいます。つまり、光の氾濫は光のクリスタルの無茶使いが原因としたら、闇の氾濫は、ザンデと光の土のクリスタルが直接の原因ではないのではないか。まず先に闇の世界で、もっと大きなバランス崩壊が起こっているはず、ということに……まあ、これはちょっと別の議題にズレすぎてしまっているので、ひとまずおいておくことにします。)

 さて、そういうふうに論を進めてしまうと、どうもhuiさんの仮説に対しては否定的にならざるを得ません。
 仮説3番を取るならば、浮遊大陸を完成させるのに土のクリスタル以外の力の関与は必要なかったということになります。そもそも、浮遊大陸の動力がクリスタルであるということそのものが、ほとんど根拠をもたない仮説ですし。(これを言ってしまうと身もふたもないのですが)

 仮説2番を取る場合には、huiさんの説と矛盾せず両立することも可能なのですが……

 ただ、浮遊大陸が無事現在まで残っている、という事実にとって一番都合がいいのは、「浮遊大陸の動力は、クリスタルの力とはほとんど無縁である」という可能性であることは確かです。
 オーエンの塔の制御機構が、クリスタルの力そのものとは無縁のものであればこそ、光の氾濫を経ようが経まいが、浮遊大陸を浮遊させ続ける動力たりうるのではないか。
 ちなみに、光の氾濫に対するオーエンの「誤算」とは、光の力の暴走そのものはともかく、天変地異がおこることで、せっかく完成した浮遊大陸にも何かの異常が起こる可能性が出てきてしまった、ということではないかと私は考えています。

 というわけで、論理的な面では、huiさんの仮説は論拠が乏しくてそのまま飲み込むのはちょっと、というのが私の考えではあります。



36. huiさん仮説への考察 草市かな子 [URL]  2001/07/29 (日) 09:08
こんにちは、編集担当の草市です。
遅れましたが、huiさんからお寄せいただいた、神殿造営時期に関する仮説についての考察レスです。

 えーと、いろいろ考えているうちに、矛盾にとっつかまって思考がぐるぐる同じところを巡り始めることになってしまいました。そのため、ちっともまとまってない状態なのですがとりあえず書いてみます。
(ほんとにまとまってなくてダラダラしている上に、ツッコミも浅くて申し訳ないですが、あんまりのんびり書いてお待たせするのも申し訳ないので……)

 さて、まずはいきなり、否定的反論を挙げておきましょう。

 huiさんの仮説に従うならば、移動させようとしただけ、岬をまるまる一つ海に沈めてしまい、がんばって被害を少なくしようとても巨大湖を作らないと移動させられないようなクリスタル。こんなのを2つも上にのっけた浮遊大陸が、クリスタルの暴走である「光の氾濫」をどうやって乗り切ったのか。

 ……この反論、実はhuiさんの仮説がなくとも、ゲーム内での設定そのものに対しても有効な反論だったりします。

 古代人がクリスタルの力を無茶使いしたことが一因となって、光の力が暴走し、世界は滅亡に向かった、とすれば、そこにはすさまじい大異変が起こったと想像できます。

 サロニア図書館の書物によれば、光の氾濫が起こる以前に、すでに浮遊大陸は完成しています。当時の浮遊大陸にも、クリスタルが2つ、すでにのっかっていたものと思われます。
(パワーソースとして使われていたかどうかは別として、浮遊大陸には最初からクリスタルが現在と同じ位置にあったと考えるのが妥当かと思われます)

 が、光の氾濫が起きたときに、浮遊大陸が暴走するクリスタルを二つも抱えていたとしたら。光の氾濫から千年を経てもとにかく無事に宙に浮いていられる、というのはおかしくないだろうか。

 もちろん、現在の浮遊大陸は、古代文明期の浮遊大陸とは姿が一変してしまってたりする可能性も高いのですが、なんだかんだいって人が普通に生活できるほどの状態を維持しているわけですから、光の氾濫に巻き込まれたにしては比較的無事である、といってよいのではないか。



35. Re: オーエン 草市かな子 [URL]  2001/07/26 (木) 20:53
はじめまして、huiさん!
編集担当の草市と申します。
どうぞよろしく。

たくさん書き込んでくださってありがとうございます!
しかも大胆かつ熱い仮説!こういうの、大好きです。

えーと、ちょっと今日は忙しいので、細かい点についての考察は明日にレスつけますが……まだざっと読んだだけの状態ですが、かなり面白い説だと思います。確証に足る論拠がやや弱いモノの、個人的には全面的に支持したいです。

 うーん、ここの年表はどちらかというと資料(史料)中心主義、実証主義的な立場で作っているつもりなんですが、こういう熱い仮説を伺っていると、もっと大胆にいろいろ盛り込んじゃっても良いんじゃないかなあ、といつも思います。

 年表の編集担当がこんなに偏向してしまうのはマズいのかもしれませんが、まあ一応、遊びなんで大胆になってみよう、というわけで。
 huiさんの仮説をとにかく年表に組み入れるという方向で検討してみます。とりあえず、明日(の深夜かも)までにあれこれ考えてから改めて考察レスをつけますので、どうぞしばらく、お待ちくださいますよう。



34. 続々オーエン hui  2001/07/26 (木) 02:10
そして肝心の浮遊大陸の位置ですが、これがレプリトの
ほとんど真北に行くと浮遊大陸なのです。
十字岬の真西でもありますけどね。
浮遊大陸の本体となる大陸がどこから持ってこられたかは
わかりませんが、その大陸内でも、風と火のクリスタルは
オーエンの塔のそれぞれ東西に位置付けられています。
元の世界での配置を参考にしているようにもとれます。

古代人の村オドルで老人が「オーエンの塔が大陸を浮かせる
力を生み出す」ことを言っていますが、実際の力の源は
風と火のクリスタルからということになります。
ただ、オーエンの塔が制御中枢なのは間違いないでしょう。
「生み出す」に語弊があることになりますが
はるか昔の、しかも技術者がやっていたことを現代で正確に
理解できるでしょうか?
あと、『オーエンの本1』に「その動力炉を私の名を取って
オーエンの塔としよう」の記述がありますが、実際の技術では
光の力を浮力に変換する変換炉である、としても、
浮遊の動力を重要視して『動力炉』と呼んだともいえます。
詳しい技術書が存在しないため、わざとらしいのですが
こんな理由づけができます。

これが事実になれば、光の力の半分を自由に使ってしまった
わけですから、やり過ぎになるのもまさに当然で
やった張本人のオーエンは「まさか光が氾濫しようとは…」
とか書いてますけど古代人のおごりってやつでしょうか。
(それでも対応策をすぐ出しているところが技術者。)


というわけで
こんな説、どうでしょう?九割方推測の話ですが、自分なりに
筋を通してみました。
感想レス待ってます。あんまし問題解決になってない
ですが……。m(_ _;)m
超魔道師ノアについての推測もあるので、
よければまた書き込みたいです。
(実はオーディンもからみます)
huiでした。



33. 続オーエン hui  2001/07/26 (木) 02:09
前件から……

そうすれば時の神殿はそのままクリスタル神殿だった
とすることができます。
個人的にhuiはあの神殿のデザインが荘厳でとても好きです。
そしてその神殿からクリスタルを技術者オーエンが、
どうやってか搬出してしまったのだとします。
時の神殿が沈んだのはこの時ではないでしょうか。
クリスタルの搬出が、後に神の怒りに触れたと
サロニアの詩人に歌われたのだと思います。ただこの時、
神の怒りと歌われた神殿を沈ませるほどの力を誰が
放ったのかについては推測しきれません。
もしリヴァイアサンとかがマジになったりすれば
できそうではあります。

そしてレプリトですが、
ここのどこにクリスタルがあるかというと、
すぐ南の山を上ったところに大きな湖があるのです。
ここではないでしょうか。
ここにクリスタルがあったとするものは何一つ無いのですが、
ここは山岳地帯の終わりで辺境ともいえる場所だと思われます。
クリスタルがあるとしても人が来づらい場所には
そうそうでかい建造物は造れません。そしてここからも
オーエンがクリスタルを取っていったとすると
やはり何か起きたはずです。しかしここのクリスタルの移動が
オーエンにとって2回目だとすれば、彼もそれなりの用意を
するでしょう、1回目で神殿大沈下を目の当たりにした
としてです。

ここでレプリトと時の神殿どちらが風でどちらが火か
という問題が関わってきます。

huiは時の神殿が風だったと推測を展開します。
位置的に大陸端の岬なら風が常にあり、風の精霊力が強いと
ファンタジーではよく語られます。
そしてレプリトに火があったとして、オーエンはその火の力を
弱めてから運び出し天変地異を緩和しようとして
かなり強力な水か氷の力をレプリトのクリスタルに向けて
集めたのではないでしょうか。どんな方法化はわかりませんが
オーエンという技術者の能力からすると、大陸の浮遊を目指し
緊急時には冷凍冬眠システムを素早く使える、
この二つの事柄からかなり異常な天才だろうとhuiは想像を
してしまうのです。
そしてオーエンの集めた水(または氷)の力は十分以上に
功を奏し、その場に大きな湖を作り出した……。

まだ続きます……



32. オーエン hui  2001/07/26 (木) 02:05
huiです。初めまして。よろしく。
FF3大好きなんですが関係グッズは一切持ってないんです。
知識はカセット本体からとインターネットのマニアック情報
からのみです。(^ ^;)
でも自分の仮説がありますのでどうか聞いてください。

風、火のクリスタル神殿がいつできたのかと問題になってます
が、かの技術者オーエンのせいではないかとhuiは思うのです。

まずオーエンはどういう理由からか大陸を浮かすことを目的と
していました。オーエンの本1の中の「成功した」という
記述からもそれなりに企画を立てていたのでしょう。
その大きな目的のためにクリスタルの力を使うのは、
古代人であるオーエンならばすぐ考えつくはず。
そして彼は「クリスタルそのもの」を浮遊大陸に
組み込む事を思いついたのではないでしょうか。

そしてその部品として選ばれてしまったのが
風と火のクリスタルだとします。
現在、風と火のクリスタルは浮遊大陸にありますが、
元は外の世界にあった、とするのです。
根拠は外の世界の世界地図にあります。
水と土のクリスタルは外の世界にありますが、
世界地図を見てその場所を確認すると
東に偏っているのです。なぜか? 西にもあったからだ
とhuiは推測します。
水と土のクリスタルのある場所は地図上では、
大体南北一直線上にあります。
仮に西側にもあるとすると世界地図の上で
きれいな正方形が出来上がるのです。
そしてその対応する西側の場所とは、
時の神殿、そして、レプリトです。
地図を見るとわかります。リング中のページのPledgeで
確認できるかと思われます。
光の力がバランスを持って世界に広がっている感じですね。

長いので次へ…



31. Re: オーディンの自己封印時期は? 草市かな子 [URL]  2001/07/04 (水) 06:47
 はじめまして、TAMさん!
 すっかりさぼりまくりですが、
 年表編集担当の草市と申します。
 どうぞよろしくおねがいいたします。

 オーディーンが自分を封じた時期について。
 私も少し気になってはいたのですが、
扱いにくくてこっそり避けていました(^^;
 でも、やっぱり召還獣の歴史、わかるだけは
加えるべきでしょうね。
とりあえず、オーディンについて、大急ぎで
ちょっと考えてみました。

 攻略本の基礎知識編(1巻め)、p52に、召還魔法
カタストの説明があって、そこには
「かつての戦乱の時代に、自らの命をかけて仲間を
 救ったという、伝説の戦士オーディンの魂を宿したオーブ」
という記述がされています。

 オーディンがサロニアの地下に封じられていることを
考えると、彼がサロニアと何らかの関係をもっていたと
考えても良いだろうと思います。

 サロニアでの戦乱といえば、わかっている範囲では
サスーン・サロニア戦争と、竜騎士台頭のきっかけになる
魔物の襲来があるんですが……戦乱という言葉のイメージから
いけば、サス・サロ戦争があてはまるのかなあと思います。
 もちろん、サス・サロ戦争以外の別の戦乱を指している、
という可能性もありますが、そういうことを考え出すとキリが
ないので、とりあえずここでは、サスーン・サロニア戦争期に
オーディーンの活躍があった、と考えておきましょう。
 とすると、当然、オーディーンが自らを封じたのも、
同じくらいの時期を想定できるかなあと思います。

 ……急ぎなので、間違っているところもあるかと
思いますが、今のところ、私は上記のように考えています。

 ということで、年表のほうにも、オーディンについての
記述を加えておきますね。
 えっと、改訂はできれば今週中か……もしかしたら
二週間ほどかかるかもしれませんが、どうかご容赦ください
ますよう(汗)

 良いご意見をお寄せくださって、まことに
ありがとうございました!
 また、なにかお気づきのことがありましたら、
どんどん書き込みにいらしてくださいませ(^^)



30. オーディンの自己封印時期は? TAM  2001/07/02 (月) 17:03
初めてお便りいたします。
オーディンが活躍して、サロニア地下に自らを封じたのは一体いつになるんでしょうか・・・?



29. Re: 初めまして 草市かな子 [URL]  2001/05/21 (月) 00:27
 はじめまして、ナシボさん!
 年表編集を担当している草市と申します。
 どうぞよろしく。

 年表の更新は、すっかり止まっちゃってますね(^^;
 ただ、もう詰められるところは詰めちゃった感じが
してますんで……後はもう、想像力で補うしかないかと。
 特にノアの3人の弟子については、もう少し考えて
みるべきかなあと思っています。
 いずれにしろ、更新があろうがなかろうが、
このコンテンツは資料的なものとして長く
置いておこうと思っていますんで、
FF3世界の歴史について、気になることがあったら
いつでも使ってやってください(^^)

 それにしてもFF3は本当に良いソフトですよね!
 これからWSC版FF3も出ますから、またFF3人気が
盛り上がってくれたらなあと思います。



28. 初めまして ナシボ [URL]  2001/05/18 (金) 12:39
FF3!
面白いですよね!
最近、久しぶりにやったら
やはり面白いです。
FF3の年表ですか!とても奥が深そうですね。



27. Re: 大地震についての見解 草市かな子 [URL]  2001/01/17 (水) 23:43
 こんにちは、すかさん!
 編集担当の草市です。
毎度ながら尻が重くてレスも遅くて、まことに申し訳ありません(汗)

 なにともあれ、ご意見と情報提供、ありがとうございます!
 あと、個人的ですが、草市最大の疑問だった大地震発生時期
についてすっきりとまとめてくださって、とても嬉しいです!

>大地震ですが、すかは冒険の始まる直前だと思います。何故かと申しますと、
>あの好奇心旺盛(と思われる)主人公4人組が、大地震でできた洞窟という
>面白そうなものを放っておくとは思えないからです(笑)。
 個人的には、なぜか一週間から一ヶ月くらいは間があって欲しいなあなどと
思ってたりしますが、これはあくまで個人的な好みですので……(^^;
 確かに、「悪ガキ」呼ばわりされるあの主人公4人組を考えると、
おもしろそうなものをそうそうほっておくはずがないように思えますね。

 その他の点についても、おおよそ納得です。
 すかさんのおっしゃったことをもとに私も少しばかり考察をしてみまして、
細かくは違う部分もありますので、詳細は「問題点」のほうでご確認ください。
(っていっといて、まだ更新してませんが、
なんとか明日の夜かあさってくらいには……(^^;)

 とりあえず、年表で「0」となっている年の前にある、
「-?? ザンデ、土のクリスタルを引き起こし……」という部分以下は、
「0」年に組み入れるように変更させていただきます。

>『大地震は二年前』と言う設定は、コミックス『悠久の風伝説』に出ていた
>ように思います。手元に本がないので正確ではないかもしれません。
 情報、どうも有り難うございます!
 私の曖昧な記憶の出所はあの本だったのですね……!
 私も手元に見あたらないです。実家から持ってきたと思ってたんですが(汗
 実家に電話して確認せねば。



26. 大地震についての見解 すか [URL]  2001/01/13 (土) 17:54
 何やら面白そうなので、口をつっこみに来ました。根拠は薄弱なのでその辺りはご容赦を。
 大地震ですが、すかは冒険の始まる直前だと思います。何故かと申しますと、あの好奇心旺盛(と思われる)主人公4人組が、大地震でできた洞窟という面白そうなものを放っておくとは思えないからです(笑)。
 また、地震の影響でジンが復活したことを考えます。カズスの入り口にいた旅人や、ウルの人々は、カズスの村の異変を知りません。情報がまだ伝わっていないのでカズスの異変=ジンの復活=大地震が起きたのはつい最近ではないでしょうか。サスーンの人々の情報に寄れば、サラ姫がジンの洞窟に向かったのも、光の戦士たちの到着の直前に思えます。いくらサラ姫が強くても、ずーっと独りで戦っていたわけではないでしょうし。
 そういうわけで、すかの解釈では

 (数日前)ザンデ、土のクリスタルの力を利用し、大地震を引き起こす。
      ジンの復活
  00   ウルの四人の孤児、風のクリスタルの啓示を受け、光の戦士として旅立つ。

 ではないかと推測しています。事件の発生とほぼ同時に、4人は旅立った事になりますねえ。

>草市さん
  『大地震は二年前』と言う設定は、コミックス『悠久の風伝説』に出ていたように思います。手元に本がないので正確ではないかもしれません。



25. レオンハルト 草市かな子 [URL]  2000/12/05 (火) 23:28
 こんばんは、ひじりさん!
 草市です。

> うひゃー 進んでますね〜(^^;
 うー、いやいや、疑問点ばっかり出てきて、
予想通り収集つかなくなってます(^^;
進んでいると言うより、迷走している感あり。
CGIでの投票なんかをとりいれてみよかなとか、
あれこれ考えてるんですけど、考えてるばかりで
なかなか作業が進みません。
無能な上に怠け者な編集者で……
御意見下さった委員の方々と、訪問者の方々には
ほんとに申し訳ないです(^^;

> レオンハルトってどうして追放されたんでしょ?
 攻略本1巻p20、ナイトと魔剣士についての説明のトコに
「負の力を恐れた時の王は、魔剣士レオンハルトを追放」と
ありますが、これ以上はちょっとわかんなかったです。
私も、魔剣士レオンハルトの話は詳しく知りたいんですが。
 これがいつ頃のことなのか、てのは実ははっきりとは
わかんないんですよね。
 ただ、竜騎士の登場よりは前の話のようです。
サロニアの街は最初3つしかなくて、竜騎士の街は
後から出来たようなのですが、街が3つしかなかった時代に
すでに「年々魔剣士一族は追放により減少し」ていたようなので。
(攻略本1巻p78、79参照) 

> 大全集に載ってたりします?
 ざっと見ただけですが、大全集には魔剣士の由来については
情報ないみたいです。

 FF2とFF3の世界がまったくリンクしていない以上、
おそらく2のレオンハルトとは別人なのでしょうね。
でも、この名前をきいたら、もう2の彼そのものな
キャラしか思い浮かびませんねえ。
 もっとも、魔剣士レオンハルトは追放された後も黙々と
修行を続けて魔剣を極めちゃったわけで、もうひたすらに
ストイックなキャラ、という感じもします。
ちょっと2のレオンハルトのイメージとも違う感じ。
(って、勝手に妄想〜)

 年表に関係ない考察バナシを振って下さるの、大歓迎ですよ。
横やり、ツッコミも大歓迎です。
どうぞどんどんネタ振って&横やり入れてやってくださいまし(^^)



24. すごっ ひじり  2000/12/03 (日) 05:37
うひゃー 進んでますね〜(^^;
草市さんに任せっきりで、何もできずにすいませぬ;

ところで、年表を見直してふと思ったんですけど、
レオンハルトってどうして追放されたんでしょ?
大全集に載ってたりします?
それとも2の話なのかな…(^^;

何気なく思ったことなんで、ちょっとだけ。
年表に関係なくてすいません〜(滝汗



23. 神殿の造営 草市かな子 [URL]  2000/11/21 (火) 01:12
はじめまして、しーにゃんさん!
年表編集をしている草市と申します。
書き込みありがとうございます!
さっそくいろいろ考えてみましたので、長文になりますがおつきあいください。

> ☆風,水,火,土それぞれの神殿はいつ頃築かれたのでしょう?
 土のクリスタルの神殿は、おっしゃるとおり古代文明期に造営されたと確定できますね。
 ちなみに私は、風と火の神殿については、光の氾濫の後に造営されたのではないかと考えていました。
 光の氾濫の時にも大地震のような現象が起こったとすれば、その際に古代人が作ってあった
神殿が崩壊してしまったんじゃないかと思ったからです。
 ただ、浮遊大陸が元々あった大陸を浮かせたものだと考えて、古代文明期に造営された
風と火の神殿がそのまま、浮遊大陸の上に残ったというのも、魅力的な説です。
 風のクリスタルについてはちょっと情報が不足しているので、保留にしておきますが、
そういえば火のクリスタルは、ドワーフが「北の山に綺麗なガラスみたいな塔が立ってた」
と言及していますが、この塔とやらがクリスタルタワーのようなものだとすると、
古代文明期の建造物なのかもしれません。

 水のクリスタルの洞窟の場合は、入り口に封印があることから、風や火と違って、
もとからあったもののような感じを受けます。洞窟内あるいは外に神殿があったのかも不明ですが、
クリスタルのかけらを収めた神殿が遙拝所として機能していた可能性があると思います。
で、このかけらの神殿はいつできたかに関しては手がかりなしです(^^;。

> でも、こう考えると『古代の民(爛熟期)はほかのクリスタルの力を使わなかった(または使えなかった)という発想も生まれてきたり。
 古代人がクリスタルの力を四つとも使ったとは限らない、とは盲点でした!
 シナリオで描かれる「闇の氾濫」が、ザンデが土のクリスタル一つでもって引き起こしたのなら、
光の氾濫も、たった一つのクリスタルを古代人が無茶使いしたために起こったことかもしれませんね。

 うーん、FF3は、やっぱり考え出すと止まらないですね。
 愚考垂れ流しのうえにまとまらなくて、申し訳ありません(^^;
 とりあえず、4つのクリスタルの神殿については、ちょっと年代特定は控えておきますが、
とりあえずは問題点のほうに挙げさせていただきたいと思います。



22. 遅れに遅れて 草市かな子 [URL]  2000/11/21 (火) 01:07
草市です。
大変遅くなりましたが#19へのレスです。
XB-LIMさん、例によってレス遅すぎで本当に申し訳ないです。
本当にとんでもない遅筆なもので……本当にすみません。

>随分と前のレスですがドーガが人間だという記述は本で確認しました(爆)。
あんまりさりげなく書かれていたので、教えて頂くまで全く気づけませんでした(^^;

>何故リバイア川と呼ばれるようになったかは不明。リバイアサンが近くに生息してたのか川の形(?)が似ているのか。
>現実世界でも川の名前ってどういう風に決めてるんでしょうねえ。そういうのには疎いのであんまりわかんないんですが・・・。
 現実世界だと、流域の地名からとったり、その川の特徴から名付けてそうですね。
手元にあった沖縄県の地図を見たら、流域の地名、地形の特徴、流れ方、水質などが関連してそうでした。
 で、リバイア川はどうなんか、と考えてみたんですが……
 古来より、河川は生活への影響力の大きさからかなり深い信仰や迷信を育ててきていますが、
特に中国などではその形から蛇神・竜神に模され、水と蛇が密接に結びつくという思想がある、ようです。
 私は、これに似たようなかたちで、レプリトに龍神リバイアサンへの信仰が育った、という
設定なんじゃないかなと考えてます。
 で、さらにレプリトが湿地農業発祥の地であることを考えると、まずは河川への信仰心が生まれ、
それがリバイアサンと結びついてリバイアサン信仰となり、川にはリバイア川とつけられた、
と考えるのが自然なような気がします。
 あ、リバイアサンの語源は、実際には聖書の「レヴィヤタン」からきてるのでしょうけど、
とりあえずFF3世界では違う由来の言葉かもしれない、と仮定しておきます。

>■ ダスターとレプリト
 浮遊大陸でも海賊が活躍するくらいだし地上世界では老人とエリアが乗ってた難破船が
かなり大きな帆船でしたから、長距離の航海にも耐える帆船が普及してるんじゃないかと思います。
 しかし、さすがにレプリトとダスターだと距離が離れすぎている気もしますね(^^;
 一体どういう縁故で、姉妹として畏敬を結ぶことになったんでしょうか……

 飛空艇貿易時代なんですが、地上世界でも行ってたんでしょうかね?
このへんがはっきりしないんですが、地上世界で浮遊大陸のことが伝説的に
語られていたような気がするので、飛空艇貿易が浮遊大陸の中だけで行われていたのではないかと疑ってみたり。



21. おもったこと しーにゃん  2000/11/19 (日) 19:37
初めまして。
こんなページがあったんですね〜(^^)
ということで,早速プレイして疑問に思ったことを描いてみます。
 ☆風,水,火,土それぞれの神殿はいつ頃築かれたのでしょう?
  古代の民の迷宮(土のクリスタル)に関しては古代文明爛熟期に使われていたことが明らかなのでシルクスの塔に併せて作られたのでしょうけど・・・
  他は,やはり同時期に作られたのでしょうか?風と火の神殿は浮遊大陸の上に乗っかっていましたけど。一応。
  でも,浮遊大陸が元々あった大陸と考えると,それぞれの神殿はもっと昔に建てられてたとも考えられますし。
  以上を踏まえて,『古代文明初期に4つの神殿が作られ,爛熟期にシルクスの塔と併せて古代の民の迷宮が作られ,土のクリスタルはその中に収められてその力を使われることになった』と考えてみました。
  でも、こう考えると『古代の民(爛熟期)はほかのクリスタルの力を使わなかった(または使えなかった)という発想も生まれてきたり。

長々と駄文失礼しました(^^;



20. とりいそぎ(もしかしてこのタイトル2回目?) 草市かな子 [URL]  2000/10/26 (木) 01:34
こんばんは、草市です。
更新が遅れて申し訳ありませんでした。
#17でShinさんから頂いたカキコに関しての改訂分を
アップし損ねてしまっていて、結局#19のXB-LIMさんのカキコ
に関する改訂と一緒になってしまいました。しかもさらに
一週間も遅れてるし……(汗)

 カキコへのレスはもう少しお待ちください。
 ちょっと今週末は忙しくて、まともにレスを書く時間がとれないかもしれないので……

 年表や意見のまとめは、急いで作ったので、
だいぶ間違いがあると思います。
正直言って、考察も、かなり雑になってしまいました……
 今回は迷うところが多かったです!
 迷ったあげく、ちゃんと決められなくて、
意見待ちだの保留だのにしてしまった項目の多いこと。
 ほんとに他力本願なコンテンツですな(汗)
 
 それにしても、年表も、委員の意見も、見にくいなあと反省してます。
 デザインをもうちっと考えなくてはなりませんね。
 がんばろうっと。




19. ドーガって人間だったのですね〜 XB-LIM   2000/10/18 (水) 23:29
随分と前のレスですがドーガが人間だという記述は本で確認しました(爆)。

あれからちょっと気付いた事を少し書きます。「」ないは本からの内容です。

■ ひかりのはんらん

大全集、攻略本第三巻P86で確認してみたところ正しい漢字は「光の氾濫」ですね。反乱も叛乱も間違い。
第三巻P2では「光の反乱」となってますけど(笑)、意味合いからして氾濫が正しいと思います。

■ アダマンタイト

「大地震の際に1Fの通路にアダマンタイトが崩れ落ち、2Fにいる先発隊の学者や店屋の人が閉じこめられた。」
とあります。これは確か年表に入ってませんでした。
これに関連して、草市かな子さんの記憶の『大地震が2年前』っていう設定が仮に本当だったとしたら閉じこめられた学者達って食料不足か酸欠で死んでそう(^^;。でも大地震が数日前の話だとしてもゲームスタート時からアダマンタイトを破壊するまでにかかった旅の時間(ゲームの世界内部では数ヶ月?)も結構あったかもしれないので一概に大地震が2年前説も否定できない・・・かも?

■ リバイア川

「レプリト西部の川はリバイア川と呼ばれており昔は年一回召喚際が行われていた。」
何故リバイア川と呼ばれるようになったかは不明。リバイアサンが近くに生息してたのか川の形(?)が似ているのか。
現実世界でも川の名前ってどういう風に決めてるんでしょうねえ。そういうのには疎いのであんまりわかんないんですが・・・。

■ ダスターとレプリト

「姉妹都市であり固く友好関係が結ばれている事で有名」だそうですがどうやって離れ小島を行き来してたんでしょうか?ダルグ大陸やアムルもそうですがゲーム中では表示されてないけど実際は船とかがあるのかな?無難に考えるなら飛空挺貿易時代が考えられますけど・・・。

■ 魔法のカヌー

「サスーン王家に代々受け継がれてきたものとあります。普段使わない時に小さく折り畳んであり水につけると5、6人が乗れるカヌーになる」という怪しさからして古代人の遺産っぽいかも。魔法を利用した現代文明のアイテムだとするならば現代文明発祥時期はもっと上に設定されなければなりません。

■ バイキング、シーフ、空手家

「陸に上がったバイキングからシーフ、空手家が生まれた」との記載があった方がいいのではないでしょうか。



18. ありがとうございます! 草市かな子 [URL]  2000/10/09 (月) 11:19
 はじめまして、Shinさん!
 カキコありがとうございます。
 レスが少し遅くなりました。もうしわけありません。
 年表は、例によって今夜中に改訂します。

> 1.チョコボやモーグリはいつ頃生まれたのでしょうか?
 これは難しいですねえ。
 二種とも、種の確立から数百万年は経ってるだろうと思いますが……
 チョコボは、召喚されたりもするので、ひょっとしたら
普通の生き物のような進化論はあたらないかもしれませんが。

 で、この年表での扱いですが……
 ちょっと悩んだのですが、バハムートなどと違って、
チョコボやモーグリは一つの人格のある登場人物ではありませんので、
「人物の誕生年」として年表に入れづらいところがあります。
年表に特定の発生年は入れない、ということで……いかがでしょう?
(シヴァやラムゥなどの幻獣だったら、一つの人格と
みなして、年表に発生時期を入れることもできそうですが……)

 「できごと」欄ではなくて、「文化史」欄に入れようかともおもったのですが、
それもしっくりこなくて……
扱いが難しいので、とりあえず保留とさせていただきます。

 この扱いについては、もちろん反論大歓迎です。
「いーや、年表にいれるべきだ!」という
御意見がある方は、ぜひおきかせください。

> 2.ウネはインビンシブルについて詳しかったけど
>   いつ頃乗ったのでしょうか?
 もしインビンシブルに乗ったことがあるとすれば、
ウネは少なくとも千年前の光の叛乱以前に生きていたことになるかも……!
 私自身は、ノア一派は光の氾濫以降に産まれたと考えていたんですが、考えてみればウネはインビンシブルではずいぶん勝手の分かった振る舞いをしてましたしね。
 これはもうすこし意見を募りたいところですので、
年表ではとりあえず保留しておいて、やはり問題点に入れて、
皆さんの御意見を伺っていきたいとおもいます。
 ノア一派の問題とまとめて、FF3Ring掲示板に聞きに行ってみようかな。

> あと、年表に関係無いんですけど、チョコボの体長は約10メートル。
> じゃあ、デブチョコボって・・・?
 !
 今までデブチョコボの大きさなんてことに気がつきませんでした。
 10メートルって、5階建てのビルくらいでしたっけ?
 デブチョコボは画面では縦にも横にもチョコボの2倍……
ひょっとして10階建てのビルくらいでかいのか?!
 サロニアのチョコボ研究家は、どうやってスペースを確保していたのやら(^^;



17. お邪魔します Shin  2000/10/08 (日) 03:04
初めまして、Shinという者です。
FF3の年表を作るなんてスゴイ事してますね。すばらしいです!
ところで気になることがあります。

1.チョコボやモーグリはいつ頃生まれたのでしょうか?
2.ウネはインビンシブルについて詳しかったけど
  いつ頃乗ったのでしょうか?

自分でも考えたんですけど、どうにもまとまらなくて。
あと、年表に関係無いんですけど、チョコボの体長は約10メートル。
じゃあ、デブチョコボって・・・?



16. いそいでアップ 草市かな子 [URL]  2000/09/11 (月) 11:27
こんにちは、草市です。
時間がかかりましたが、9月11日分の
改正作業を終えました。
 まだちゃんと確認してません(汗)
たぶん、間違いとか見落としがいっぱいあるはずです。
 確認・直しは今夜中に……



15. スミマセン 草市かな子 [URL]  2000/09/10 (日) 12:02
 ノア一派の出自に関して。
Ring掲示板の関連発言を転載します、とかほざきましたが、
発言者全員に転載許可を取るのは事実上困難なので、
やめておきます(^^;
 FF3Ring掲示板のノア一派の出自に関する書き込みを
参考にされたい方は、お手数ですが、RIng掲示板の過去ログから、
以下の発言番号で始まるスレッドを探してご覧になっていただきたいと思います。

RIng掲示板URL http://www.31rsm.ne.jp/~takuma/ff3ring/yybbs.cgi

過去ログから
#87 「わわわっ」 (発言者:たくまさん)
#88 「人間>妖怪人間>再人間化説」 (発言者:草市かな子)

過去ログになっていない範囲から
#395 「問題提起(笑」 (発言者:ひじりさん)

 いちおう、発言内容をおおまかにまとめますと、
 先発の#87のスレッドでは、元から人間じゃない、という流れになってました。
ノア弟子3人、「妖怪人間」「かまいたち三兄弟」という単語で表現されてます(^^;。
 後発の#395のスレッドでは、おおむね「元々は人間だったが、それ以上の存在になった」
という流れでした。
 ただし、ザンデに関しては、人間の命をもらっていやがったというところから、
「元は人間だったからこそイヤだったんじゃないか」
「いやがるってコトはもともとは人間じゃないんじゃないか」
と真っ二つです。
 また、ノアに関して、「人間の命を分け与えた」というからには
人間だったんじゃないか、という意見などがでておりました。

 自分自身の発言からひきますと、
>魔法を扱う素養に富んだ人間だったためにノアに弟子入りし、
>修行のうちに超人となってしまったのではないかと想像しますが。
>そこを「人間にもどんなさい」といわれて、
>「いまさら人間に戻れって言われてどないせい言うんや!」
>とザンデが切れてしまった……
>というのはいかがでしょう?
 とのことです。(結構おもろいこと書いてたんだな……)



14. Re: 長文その2 草市かな子 [URL]  2000/09/10 (日) 11:24
#9,#10,#11:XB-LIMさんへのレス、第二段です。

>人と竜の時代についての情報ですが、大全集が初出ではなく攻略本第一巻の召喚獣の紹介欄でふれられています。
>■ バハムート、リバイアサンの出生時期
 おおっ。ほんとだ!(←まったくもって仕事が雑な草市(^^;)
 召喚獣関係の情報は多分に「伝説」的で、年代がますます曖昧だったせいもあって、
無意識に、年表に入れるのを放棄してたフシがあります。入れておきますね。

あ、大全集の情報も有り難うございます!
もうすぐ実家に帰省するので、そのときに本屋を巡るつもりでしたが、
それで見つからなかったらデジキューブの通販で買います。

>■ 神の存在
>「神の怒り」とは光の反乱を指しているのか
 私もそんな印象を持っています。
 ただ、もし古代文明でクリスタルが神様扱いされていたとして、
神様をエネルギー源にするってのは畏れを知らなすぎる発想のようにも思います(^^;
(だからこその光の叛乱かもしれませんけど)

 余談ですが、FF3世界の「神」、気になりますね〜。
 FF3世界には神様の存在が希薄だなあ、とつねづね思ってたんです。
端々に「神」って言葉がでてはくるんですが、全体としては神のいない世界、
という印象が強いです。

 クリスタルは「神」的ではありますが、あんまり神様っぽくないですね。
クリスタルに関わる伝説で、いかにも神話らしいものはないみたいだし、
なにか契約を交わしたり、願い事を叶えてくれたり(その見返りを求めたり)
しなさそうですし、ただただそこにあって「神聖なパワーをもつもの」として
崇められているような気がします。
 もちろん、神殿があるからにはそれなりの信仰のシステムはあるんでしょうけども……
 どうもFF3世界には、クリスタルを神聖なものとして見る視点はあっても、
神様、あるいは神様につながるものとして畏れかしこみ奉る、
という思想がないように感じています。

 なにせ、のっけから「おい、クリスタルがしゃべったぜ!」ですからねえ。
 クリスタル、すっかりモノ扱い……
 それとも、あの傍若無人な態度は、四人が悪ガキだからなのか?!



13. 9月10日のレス、その2 草市かな子 [URL]  2000/09/10 (日) 11:23
 レス、続きです。

to #9,#10,#11:XB-LIMさん
 うわーっ、いっぱいツッコミ、ありがとうございます!
 こういうのを待ってました!

 字数制限……告知を忘れてました。申し訳ないです(汗)。
 この掲示板は、ニフティのホームページ開設サービスの一つで、
お手軽に使えるので使ってみたのですが、字数制限が全角1000文字
だということを忘れておりました。
 長文投稿も想定しなきゃいけない掲示板なのに……
 すぐとはいきませんが、いずれ掲示板を変えたいと思います。

>ちょっと妄想入りすぎてるやつもありますので注意して読んで下さい(^^;
 妄想大歓迎です!妄想を共通認識にするための「年表作成委員会」、
そんな腹づもりがありますので。
 草市自身、年表作成には妄想を含めまくりましたし(^^;

 このレスを書いてから、年表改訂作業に入ります。
頂いたご意見に関する細かい論についても「委員の見解」で
ご報告させていただきますので、しばしお待ちを。

 とりあえず、今回の改訂に直接絡まないポイントをレスしておきますね。

>■ ノアの一派の出生時期
 ノア一派が人間かどうかってのは、難しい問題ですね。
ファンの間でも意見の分かれるところのように思います。
私自身は、「最初は人間だった」説を採りたい願望があるんですが……
XB-LIMさんのご意見を伺ってると、やはり揺らぎます(^^;

 で、せっかくなのでここでいっちょ、大議論してみたいんですが……
 この件に関して意見をお持ちの方は、是非反応お願いします。
 あ、FF3Ring掲示板でも出てる話題なので、そのログをこちらにも
転載させていただきます。それも参考に。

 ちなみに、コミック「悠久の風伝説」は、年表を作るときの
資料には加えてません。かなり話が違うので、避けておきました。
 原作が寺田氏なので迷い所ですが……コミックの情報を
混ぜると、矛盾が出そうなところもあるかな、と思いまして、
いっそまったくコミックの情報を入れない、と言う手段をとりました。
 ただ、やっぱり迷いはありますので、コミックの情報も入れた方がいい、
というご意見が多ければまた再考します。

 ああ、字数が足りない……次の発言へ。



12. マルチレスで失礼! 草市かな子 [URL]  2000/09/10 (日) 11:16
こんにちは。草市です。
今夜中と言っていたわりに、グースカ寝てしまい、
レスが朝になりました……スミマセン(^^;
それでは、マルチレスで失礼します。

to #3:ひじりさん
 ご指摘、ありがとうございます!
 さっそく直しました。黒魔も。
 実は辞書登録の段階ですでに間違えてました……トホ。

>↑やっぱり吟遊詩人(笑
 「おうえん」といわず、どうぞばちんとつっこんで
「おどかす」かましてください(笑)

to #4:良太郎さん
 爺さんズの生年、ウケました?
 実は、草市はまったくの素でやってたので、
意外な反響にちょっとビックリしました。
「あ、そっか、笑い所か、これ……」
 確かに、よう考えてみたら浮いてますな(^^;(でも、消さない)

to #5:呉竹さん
 情報、ありがとうございます!
 実はその本、上巻だけ持ってます。年表作成にも使いましたが、
攻略本ほどには参考にしてません……なにせ、でかくて重くて持ちにくい!
急いで年表作ってたので、ページを繰るのも面倒だったです(^^;
 下巻は探し中です。私も、こんど秋葉に行くときにでも探してみようかと
思ってましたが、確認したらデジキューブでも扱っているようなので、
そちらが確実ですね。

to #6桜井うにさん
 ご意見ありがとうございます!
 私も、年表を作ってるときに他の可能性を考えていたのですが、
(アルス・レストーのレストーは、実はミドルネーム、とか)
やっぱりゴーンはアルスパパの「名前」であって、
王家の「名字」ではないように思われます……
 というわけで、年表の一部で「ゴーン王家」となっていたのを
「サロニア王家」に統一しました。

 そろそろ字数制限にかかりそうなので、
XB-LIMさんへのレスは別発言。



11. 長文その3(これで終わり) XB-LIM   2000/09/10 (日) 01:43
■ ダルグ大陸

レプリトでノアの説明に「ダルグ大陸中に名前を轟かす」とありますがダルグ大陸にはドーガの館、ドーガの町以外に人っ気がないですよね。光の反乱以前には現代とは地形が異なり、人が住んでいたことを暗に示しているのでしょうか。

■ アーガス城

攻略本に「大陸(<浮遊大陸?)史上最古の城」とあるので少なくともサスーン城よりも古いですから年表ではサスーン城建設よりも上に持って行くべきでは。

■ インビンシブルの建造日

攻略本では「建造から数千年」とあります。古代文明時代の年代について多少はヒントになりますね。

■ デッシュの冬眠日

サロニアの図書館によれば、デッシュをオーエンの塔の管理人として冷凍睡眠させたのは光の反乱が起きた時です。年表では光の反乱よりも後に設定すべきでは。

■ 現代文明

大全集にちょろっと載っているで載せてみてはどうでしょう?大した事は載ってないので掲載するとかえってウザイかもしれませんが・・・(^^;

■ 魔人、導師

攻略本によると「大戦後正式に称号を得られたのは一人ずつ」だそうです。これは年表に入れても良いんじゃないでしょうか。ジョブ類は全部載っていた方がいいかと思うんですが不明瞭なヤツも多いですね。


とりあえずこんな感じですが、また何か気づいたことがあれば書きたいと思います。それでわ。



10. 長文その2 XB-LIM   2000/09/10 (日) 01:42
■ 既にカキコのあるネタ関連

FF3における「〜まどうし」は全て「〜魔道師」です。FF大全集では他シリーズとごちゃごちゃにしています。
年表中の「超魔導師、魔導師」→「超魔道師、魔道師」とすべきでは。

人と竜の時代についての情報ですが、大全集が初出ではなく攻略本第一巻の召喚獣の紹介欄でふれられています。
# 大全集は今でもデジキューブで取り扱ってたとおもいます。HPをのぞいてみてはどうでしょう?

■ クリスタルタワー

大全集に載っている情報をまとめてみるとクリスタルタワーは光の力でつくらており古代文明の一つになっています。現代でザンデが居城としていますがつくった本人ではない事がわかります。

■ バハムート、リバイアサンの出生時期

攻略本第一巻に「人と竜の時代に悪という概念が無く大地は人が天空は竜がおさめていた。その竜の中で最も偉大な竜がバハムートである。」とあるのでバハムートが人と竜の時代(以前?)に生きていたことは確かでしょう。リバイアサンの場合「かつて世界を一度破滅させた天変地異(<光の反乱?)で一族の一部しか生き残らなかった。」とあります。

■ サスーン王家

サスーン王家が出来た時から赤魔道師が王家を受け継いできた、とまで説明はされていないので「サスーン王家の成立年代は魔法の二極化から100年たった後赤魔道師が誕生してさらに時を経てからサスーン王家を赤魔道師が代々受け継いだ」という感じで良いのでは。

■ 神の存在

時の神殿は「神の怒りに触れ海に沈んだ神殿」とサロニアの吟遊詩人から聞くことが出来ます。「神の怒り」とは光の反乱を指しているのか「神」という存在がいるかですが私は前者の方かなと思います。クリスタル=神のような感じなのかな。


また長文エラーが出たのでその3に続きます(^^;



9. 長文その1 XB-LIM   2000/09/10 (日) 01:39
年表ですか。自分もやりたいと思ってるんですがスクウェアの公式設定が少なすぎるのでまとめるのが辛いですよね。自分に文才があれば色々と肉付けが出来るんですがそんないいもん持ってないから後回しにしておいたんですがこういう共同製作の場がせっかく作られたので色々な事書きます。ちょっと妄想入りすぎてるやつもありますので注意して読んで下さい(^^;

■ ノアの一派の出生時期

まず、私はノアの一派は人間ではないと考えています。ドーガとウネは戦闘時にモンスターの姿になりますがあの姿こそが真の姿であり、人間の姿は仮の姿ではないでしょうか。人間としての命を与えられたザンデの戦闘時は人間の姿になってますよね。
モンスターなら何百年も生きていても不思議ではありません(少なくとも人間よりは長命のはず)。ザンデは元々モンスターなので何千年も生きられるのにノアからせいぜい100年しか生きられない人間としての命を与えられた事により反旗を翻したと考えられます。光の戦士達へ刺客として差し向け、様付けされる事からも元がモンスターだと納得感があるんではないでしょうか?

# モンスターという存在自体遙か昔人と竜が共存していた時代があるから人とモンスターが仲良く暮らしていた時代もあったのかな・・・。

ウネはノアから夢の世界を受け継いだ後1000年の眠りについている、とありますが現代から1000年前に眠りについたのかそれとも現代では1000年の眠りの最中なのかどっちでしょう。もし前者ならばノアの3弟子は少なくとも1000歳以上という事になります。という事はノアは光の反乱以前より生きてるということになります。ノアは大全集では「魔法の飛躍的発展をさせた」ともあるのでひょっとしてサスーン・サロニア戦争の魔法のエスカレート化に一役買っていたのかも?

ノアは漫画版悠久の風伝説では「世界創世の神の化身であり数世紀に渡って生きていた」との事なので、人と竜の時代に生を受けたとしても良いかもしれません。漫画はゲームとは異なるストーリーですがシナリオがゲームと同じ寺田憲史なので少しは参考対象になるかも。


長文エラーが出たのでその2に続きます・・・



7. とりいそぎ 草市かな子 [URL]  2000/09/09 (土) 15:34
皆さん、カキコありがとうございます!
誰も来なんだらどないしょう、と怯えてました(^^;

頂いたご意見や情報は、さっそく年表に反映させました。
詳しくはTopから「委員の見解」へとんでください。

それとは別に、カキコへのレスもお返しするつもりですが、
さすがにHTML組むのにちょっと疲れたので……
(か、肩が凝って痛い!)
今夜中、ということでしばしおまちを(^^;



6. すごいです〜♪ 桜井うに [URL]  2000/09/09 (土) 09:57
こんにちは。FF3年表…すごいです〜!
サロニアの王家は攻略本1巻だとゴーン王家で、
3巻だとゴーンはアルスのお父さんの名前として
載っていますね。
1巻の通り、ゴーン王家だとアルスの名前は
アルス・ゴーン(?)になるのかなぁと思うのですが
実際はそうではないので、ゴーン王家よりサロニア王家の
方でいいのではと思います。
資料が攻略本1〜3巻しかないのにいいかげんな推測してすみません(汗)



5. モニター前でにやけっぱなし 呉竹 [URL]  2000/09/08 (金) 23:13
こ・・・こんにちは・・・・おじゃまします。はじめまして。
っつうかスゴいですよこれ。しょっぱなから完成度高いですねえ。

私も四人組爺さんのあたりで笑わせていただきました(笑)。

ところで、うろおぼえ情報で申し訳ないのですが、
FF3関連書籍で、確かFF7が出たぐらいの時に
発行された、FF〜FF6までの設定等が納められた本が
あったような気がするのですが。

確か結構大きめの本(攻略本の2倍くらい?)で
値段もそれなりに張ったとは思います。

結構突っ込んだ所まで解説してあったような憶えがあるので
なにか参考になるような事が書かれてあるかもしれません。
っていいますか、うろ覚えなんで申し訳ないんですが。

もう持ってましたらすみません〜。

って言いますか、俄然FF3の歴史に興味湧いてきてしまったので
自分も調べたくなりました(笑)。
ちょっと秋葉原の本屋行ってチェックしてきてみます〜。
(もう置いてないかもしれません)



4. うわ〜〜〜・・ 良太郎 [URL]  2000/09/08 (金) 20:36
年表見ました。
……なんか、私が出る幕ないぞって感じでなんともはや(^^;;
ツッコミのいれようがないというか…4人組爺さんまで組み込まれて
かなり笑わせていただきました(笑っちゃいけないと思いつつ

またじっくり見ます。



3. 草市さんすごすぎ!! ひじり [URL]  2000/09/08 (金) 19:36
なんつーかもう、出る幕ナッシング(爆)ってかんじなんですが(^^;
充分過ぎますよー!いや、ホント驚きました…。
「四人組じいさん生まれる」ってのがかなり受けたんですが。

あ、そうだ、かなり些細な事なんですけど、
「白魔導師」じゃなくて「白魔道師」なんですよね。
ウチもよく間違いますが〜(^^;
導師と白魔道師…ややこしいですなあ。
なーんて、早めに突っ込み入れてみたり(爆
これから発展して行く事を応援しております〜
こんな事しかできませんが(^^;
がんばってください〜〜♪
↑やっぱり吟遊詩人(笑



2. とりあえず発足! 草市かな子 [URL]  2000/09/08 (金) 13:10
 というわけで、とりあえずFF3年表作成委員会、発足です。
 どんな些細なことでも良いので、どうぞ遠慮なく
ツッコミを入れてやっていただければ幸いです。

「現在の問題点」にもいくつか、年表作りで「?」と
なったところを挙げてありますので、そちらから
ネタを持ってきて、スレッドを立てていただいても
かまいません。
(むしろ、ぜひ解決をお願いしたいのです(^^;)

 個人的には、「大地震が2年前」っていう、
幻のような記憶が気になっております。
 なにかご存じのことがあれば、草市めに教えてやってください。