初回バハムートの生命力の謎


初回バハムートのHPと自動回復値
 初回バハムートを一筋縄では倒せない理由は初期HPの高さと自己修復能力にあります。

 まず、初期HPは60000となっておりFF3の敵の中では初回暗闇の雲の初期HP65000に次ぐ高い値となっています。ラスボスである暗闇の雲(闇バリア無し)の初期HPが45000なので初回バハムートのHPがかなり高い事がわかると思います。

 次ぎに自己修復能力について。Vol.1でも書いた様に初回バハムートは主人公達に攻撃を仕掛けると同時に自己のHPをほぼ全回復しています。HPの回復量ですが少し難しい計算が必要になります。まず、最大HPを16進数に変換するとEA60hとなります。初回バハムートにダメージを与えるとこの値は当然変化しますが初回バハムートが攻撃をする際、HPの16進数値の3〜4桁目が強制的にデフォルトのEAhになります。

 例えばダメージを与えて初回バハムートのHPが55000(16進数でD6D8h)になったとします。自動回復後はEAD8h=60120となります。

 自己修復直後の初回バハムートのHPはEA00〜EAFFh(10進数で
59904〜60159)となります。初回バハムートが事前に受けたダメージによっては自己修復で最大HPである60000を越えてしまう場合があるのです。ちなみに初回バハムートに対してケアルガをかけるとHPは60000に戻ります。


主人公達の攻撃チャンス
 初回バハムートを倒すためには自己修復してしまう前に約60000ダメージを与える必要があります。主人公達におとずれる最大の攻撃チャンスは2ターンまるまる8人分の攻撃です(バハムートが1ターン目の最初に攻撃→主人公4人の攻撃→次ターンで4人が先に攻撃→バハムートが攻撃+HPほぼ全回復)。1人辺りに必要なダメージ量は60000÷8=7500ダメージとなります。残念ながら裏技なしではこのダメージ量はどうあがいても出せないので初回バハムートを倒すためには裏技が必須となります。


トップへ戻る